明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

日系ブラジル人の女「大石ゆり」と同性愛 大石ゆりは広域窃盗団構成員

Sponsored link

大石ゆりは、日系ブラジル人の広域窃盗団の構成員だった。

出典: 50e068a3.jpg (1024×608)

「大石ゆりは、奈良県を拠点としていた日系ブラジル人の広域窃盗団の構成員だと認識しています。

車上荒らしや不法就労に関わる犯罪グループで、大石は末端の存在。複数の前歴があり、 奈良県警の管轄ではある程度知られた存在」 と、

捜査関係者は語っているそうです。

「日系ブラジル人の女」の行動は、一人では不可能です。
日系ブラジル人の広域窃盗団。何らかの組織が関わっているのなら納得がいきます。

Sponsored link

若い頃から警察沙汰

大石ゆりは、日系ブラジル人との間で金銭的トラブルを起こし
警察に身柄をとられてしまった。

そのときに、ビザの更新手続きがとれなくなり、日本での在留資格を失いました。

つまり、不法滞在外国人になってしまったのです。

そこで、日系ブラジル人の女「大石ゆり」が頼ったのは、 西成にあるコンビニで知り合った、高学歴留学生・「陳」だったのです。

陳は北京出身で、2008年に来日。関西に二年ほどいたそうです。
2011年から都内の大学院生に。

この頃、大石ゆりは「陳」を西成の実家に連れて行き、「この子と一緒に住むから」と言い残し 東京へ向かっています。

以後、家族と大石ゆりは、音信不通に。

高学歴留学生・「陳」はどうして大石ゆりと関わる必要があったのでしょうか。
大石ゆりは、「陳」の弱みでも握っていたのでしょうか。

大石ゆりと「陳」は同性愛者?

出典: 7fa4ec5e.jpg (1024×608)

事件は、大石ゆりの単独犯説が濃厚と言われていますが、
大石ゆりと「陳」は同性愛者の可能性があります。

二人の同居していた2LDKの部屋には、ダブルベッドがひとつだけしかなく、
上海で、二人が手をつないで歩いている姿をテレビ局が報道しています。

大石ゆりは、浦東新区の中国公安の施設に拘置。取り調べを受けています

早急に日本側への「大石ゆり」の身柄を引き渡しが行われるといいですね。

大石ゆりの報道が急激に減った背景

朝鮮系ブラジル人”大石ゆり”
西成区でインタビューに答えた父親が朝鮮部落出身だと言われています。

背乗りですね。

コメントを残す

Return Top