明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

やしきたかじんが金スマ”殉愛”32歳年下妻”屋鋪さくら”に?たかじん出自と破天荒伝説

Sponsored link

出典: picasa5 – Osaka King – Picasa Web Albums

今年1月3日に突然の死去。
鋭いトークが売りで”歌手”でもあったやしきたかじんの壮絶な最期。

その壮絶な最期をこれでもか。というぐらいにつづったノンフィクション「殉愛」
が11月7日に発売されます。

この”殉愛”が発売される日に金スマで”やしきたかじん”の特集が放送されますね。

東京の番組で放送するというのが管理人としては意外でした。「東京」が大好きで東京にフラレて喧嘩売りまくってたのは「やしきたかじん」ですから。

Sponsored link

殉愛を執筆したのは”永遠の零”の百田尚樹氏

”永遠の0”などで関西では知名度の高い百田尚樹氏が、やしきたかじんの残したメモや
32歳年下妻「やしきさくら」さんにの記した日記 証言を元に執筆。

これまで明かされていなかった妻さくらさんの素顔や
やしきたかじんとさくらさんのツーショットなどを初公開。

二年間の二人のくらしや、極限状態での愛憎、遺言などが生々しく記されています。

”ノンフィクション”なんですね。
やしきたかじんのノンフィクションなら読んでみたいと思います。
やしきたかじんはリアルで”伝説”でした。いろいろな破天荒伝説がこれからも関西では
語り継がれていくのだと思います。

フェイスブックを通じて知り合った。

イタリアでネイルサロンを経営していたさくらさんとフェイスブックを通じて
知り合います。

そして、その年の翌年1月にいきなり、「最後の女に決めた」とプロポーズ。

その直後に、たかじんさんの食道がんが発覚。さくらさんは交際と断るつもりでしたが
「一緒に(食道がんと)闘うのなら、お婿さんにしてあげる」と返答。

壮絶な闘病生活

出典: picasa5 – Osaka King – Picasa Web Albums

ガンの摘出手術を受けたものの、膿が肺を圧迫。再手術
身体に何本もチューブが刺さった状態でのたかじんさんは、痛み止めの影響で
意識混濁状態に。幻覚を見る日が続いたといいます。

手術への恐怖 死への恐怖 痛みへの恐怖から嘔吐に苦しむたかじんさん。
そのたかじんさんをずっと24時間つきっきりで看病したのが妻 さくらさんでした。

さくらさんは、突発性難聴に襲われ左耳の聴力を失ってしまいます。

浮気は相変わらずだった。

さくらさんに周囲が驚くほどの愛情を注ぐやしきたかじんでしたが、
一方、浮気を繰り返していました。

まぁ、変わってませんね。たかじんさんを知る人には平常運転に映るでしょう。

それでも、愛は揺るがす、13年10月に婚姻届を提出。

さくらさんとは未交渉?

“殉愛”には、「さくらと、しといたらよかった。」とたかじんさんが後悔する様子や
「まだ死ぬんや嫌や。」という亡くなる直前のメモ等、非常に生々しいたかじんさんの
亡くなる直前の様子が綴られているといいます。

亡くなる前日の言葉は「アイラブユー」。
生涯”ロマンチスト”だったやしきたかじんさんらしいと思います。

たかじんさんの残したメモ

たかじんさんは、メモをよく残す人で”メモ魔”でした。
闘病生活中でも、数十冊のノート メモ帳を残しています。

妻のさくらさんは、「みなさんの心にこれからも生かし続けてほしい。」という思いから
出版を決意。

たかじんさんのメモ「仮に本を出すとしたら、”百田尚樹”に助けてもらう」という内容をもとに百田尚樹氏に接触。出版の運びに。

実はたかじんさんと面識がほとんどなかった百田尚樹

出典: picasa5 – Osaka King – Picasa Web Albums

安倍晋三首相や橋下徹大阪市長にも取材。
「こんな壮絶な物語はない。」と約半年をかけて執筆。書き上げた。

百田尚樹氏はやしきたかじん氏とは面識がなかったのですね。
たかじんの委員会でおなじみの百田尚樹氏だと思ってましたが。

”殉愛”の主な内容

  • 葬儀は密葬で
  • 立ち会う親族はさくらだけ
  • 骨はハワイと大阪に分骨。ただし大阪の墓はさくらがマンションからすぐタクシーで行ける場所に
  • たかじんメモリアルをつくる
  • 預金は全額寄付。寄付先は大阪市。親のいない子供の施設や盲導犬協会に。

さくらさんが受け取る主なもの

  • たかじんさんとさくらさん名義の預金
  • 大阪・東京のマンション
  • テレビ番組の看板料

唯一の実子。血のつながりのある長女には存続させない。

一人目の妻の子。唯一の実子である長女とは感情のもつれから
「一切相続させない」と記されているそうです。

遺言書にはそう書かれていても法的には実子には四分の一を
相続する権利が認められるために、この長女は遺言書の無効を求めて
提訴しています。

ちょっとドロドロしていますね。リアル昼メロじみてますね。

破天荒 やしきたかじん伝説

あの”秋元康”の作詞をこき下ろす

70年代、「セイ!ヤング」にレギュラー出演時
番組の構成作家だった作詞家デビュー前の秋元康と出会ったやしきたかじん。

親密になり、相談も兼ねて歌詞を持ってきた秋元康の歌詞を
「全然アカン!話にならん。持って帰れ!」と散々にこき下ろした後、
秋元康作詞の楽曲が多数大ヒット。

たかじんさんは、「こんなもん詞じゃない。作文や。文章であって歌詞ちゃうわ。」と
評していたそうです。

飲み屋での武勇伝が話題になりラジオ番組起用

自分の歌を聞かずに騒いでいるよっぱらいの客と喧嘩。
ガチで殴りあいを繰り返した数は20軒以上(もっと多いと思います。)

その武勇伝が話題になり、レコード会社からデビューの声が。

大竹まことの女性関係暴露

大竹まことの楽屋で女性関係にやたら触れる。
そして、楽屋で話した内容をそのまま放送で話されてしまった大竹まこと。

嫌気がさして番組を降板してしまいます。
しかし、たかじんさんの気はおさまらず、度々番組で
「大竹。文句あるんならかかってこんかい!」と挑発。

それ以来、20年以上二人の共演はNGに。

一晩で500万円飲む

関西では、”やしきたかじんの飲み方”として有名なんですが
とにかく同じ店にいないんですよね。

親の仇のように高いお店をハシゴ→ハシゴ
70万ぐらいのワインを浴びるように飲むそうです。

暴力ぼったくりバーへ”お説教”

「暴力バーがあるんならいったるわい!」と大阪の繁華街で有名な
阪急東通り商店街の、とあるぼったくりバーへ。

ビール小瓶2本のお勘定が「六万円」だったことに激おこ。

”おれをなめとんか?お前ん所は暴力バーやろ?
一本十五万は取れるやろ?しっかりせぃや。中途半端はやめんかい。アホンダラぁ”

本気で激怒。このときものすごい怒ってたらしいです。ほんと。

お説教がおわり、ビール小瓶2本分の30万円をお勘定して
帰っちゃったそうです。

出川哲郎にワインをぶん投げる

hqdefault (1)

番組でやしきたかじんの逆鱗に触れ、退場させられた出川哲朗。

収録後、様子を見に来た出川哲朗をやしきたかじんが発見。

そして・・・・やしきたかじんは出川哲朗にブチギレてワインを投げつけます。


やしきたかじんさんは、大御所とも平気でこんな感じでやりあってました。

ミヤネ屋の宮根誠司を殴る

「過去に一度殴られたことがあった」と切り出し、「何度も謝ったがたかじんさんの怒りが収まらず、『お前、表出ろ』と言われ、何十年もお世話になってきたが、逆に殴ってやろうと思って外出た。

宮根アナ、フリー転身「たかじんさんのおかげ」生放送で歌に涙 | ORICON STYLE

ミヤネ屋でおなじみ宮根誠司はやしきたかじんに殴られ、しばき返す気で表に出たそうです。

宮根誠司には、テレビから干されてもいい。という覚悟があったそうです。

しかし、たかじんは宮根誠司の真意?を汲み取ります。「フリーになりたいのなら、わかった」と矛先を収め、二ヶ月後・・宮根誠司は朝日放送のお偉いさんから呼び出されます。

そして、円満にフリー退社。フリーへ華麗に転身 今に至ります

やしきたかじんは、宮根誠司にとって円満フリー退社させてくれた
恩人とも言えますね。でもむやみに殴るのはよくないですね。

関連記事 “ミヤネ屋放送事故”森永卓郎が番組構成を無視 宮根誠司に平謝りとやしきたかじん伝説

宮根誠司のこういう”キレ芸””ボード芸”、”指し棒芸”
すべてやしきたかじんが師匠と言えます。

実は繊細でナーバスな性格 やしきたかじん

コンサート前は緊張のあまり当たり散らして下痢

コンサート前には神経の細かさが原因で下痢を繰り返し
舞台に上る前には楽屋で緊張のあまり嘔吐してたことは、関西では有名でした。

コンサート前のやしきたかじんさんは、大体周囲に当たり散らす性癖でした。
それぐらいに繊細でか細い神経の持ち主だったのです。

お酒を飲むと変わっちゃうんですけどね。

たかじんの委員会で司会務めた辛坊治郎のやしきたかじん

「すごく優しくて繊細。
もちろん、豪快なところもあるし、一般に見えている豪快で大胆な発言というのは、繊細の裏打ちがないとできないのね。
関西にとって大阪にとって宝物のような人でしたからね」

追悼・やしきたかじんさん 豪快で大胆な発言には繊細さの裏打ちが・本当は気弱で他人のことをよく気遣う 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/ウェブリブログ

”すごく優しくて繊細”な部分もあった。が正解だと感じます。
普段のお酒を飲んでるときのたかじんさんはトラブルばっかり。

因縁の相手 桂ざこば師匠と番組で和解


桂ざこば師匠が”桂朝丸”だった頃、やしきたかじんが番組に遅刻。これに桂朝丸が激怒。

生放送中なのにすんげぇ罵り合うことになってお互い生放送中に帰っちゃったはずです。これ確か。

ずいぶん昔の事件なんですが、まれによく関西では話されるんです。

それからずいぶん経って、「たかじんNOばぁ~」にざこば師匠が来ます。

そして、番組を経て二人は和解に至ります

その後は、”たかじんNO委員会”にざこば師匠がレギュラー出演したり割りと二人仲良しやん。って思ってましたが、番組のウラでは未だに二人でもめていたみたいですね。

ざこば師匠とのゴルフの約束に遅れたやしきたかじん。ところが、美女連れで遅刻してきたのですね。

これにざこば師匠はカンカンというか呆れちゃった。とか。

亡くなってしまうと寂しいもんですね。

たかじんさんの出自

やしきたかじんさんのタブーのひとつでした。
管理人は十三の飲み屋でこのネタを聞いたことがありました。

そのとき、おそらく事実だろうと思いました。
やしきたかじんの父は、在日韓国人一世です。

そのタブーが上記の「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」
に記されています。

やしきたかじんは生涯その”タブー”に苦しみ抜いたといいます。

やしきたかじんの殉愛にTwitterの反応は

ものすごい話題になっていますね。
たかじんさんの壮絶な暴露本としてツイートが多かったです。

やしきたかじんさんのような伝説を残す人はもう現れないと思います。
たかじんさんは東京の番組で放送されたいのかな?とも思ったり。

”たかじんの委員会”は絶対に東京では放送されないことはたかじんの委員会ファンの間では有名でしたね。

”殉愛”で大儲けした人物を指摘する西岡研介氏

関西の芸能界事情をよく知る西岡研介氏がやしきたかじんさんの「殉愛」で大儲けしようと企む黒幕についてTwitterで語っていますね。

西岡研介氏の指摘する”殉愛”の黒幕とは たかじん妻さくらさんの重婚問題と百田尚樹氏 | 芸能界と日本の裏側

やしきたかじんの死で大儲けを企んでいる連中がいる。と指摘するのはジャーナリストの西岡研介氏。殉愛の裏側 死人で大儲けしているのはどこの会社でしょうか。

コメントを残す

Return Top