明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

山本圭一の寺修行逃亡,加藤浩次の魂の叫びが届かない山本圭一に?

Sponsored link

極楽山本圭一・寺修行から逃亡?

女子高生との淫行事件から七年

極楽山本圭一のコンパ仲間だった「この人」が、婚姻届の証人になってもらうため 山本圭一と連絡をとると「お寺」に、山本圭一は入山・修行をしていたそうです。
山本圭一さんは、本当に性根を入れ替える修行をしていたのでしょうか。

Sponsored link

加藤浩次の「相方」山本圭一のために、今いいたいこと

男・加藤浩次の「魂の叫び」 極楽を再開したいんです!

「未成年だとわからなかった山本がすべて悪いのですが、一部で話が変な方向に広がってしまいました。この8年間、山本は罵倒され、苦しみ悩み、葛藤したと思います。あらためて反省する気持ちも込めて、今はお寺で修行をしています。皆様に許していただけるのなら、僕はすぐにでも極楽とんぼを再開したいと思っています」 『世間の皆様へ――相方・山本圭一のために今、言いたいこと』として、極楽とんぼの加藤浩次(45)がその胸のうちを明かしたのは、連載第19回となる『中山秀征の語り合いたい人』。コンビとしての活動を停止してから8年。ブレイクする前から知る芸能界の先輩・中山と加藤が極楽とんぼについて語った。

引用 – 加藤浩次「相方・山本圭一のために今、言いたいこと」

記事元 http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_n7370

>男・加藤浩次さんが「変わろう」「このままではだめだ」と、もがき苦しむ「相方」山本圭一さんへ、必死のメッセージです。

これは泣けてきますね・・・・ ここで変われなければおとこじゃないですよね。 ええ。きっとだいじょうぶですよ。視聴者も国民もみんな思っています。

こんなに山本圭一さんの事を考えてくれている「加藤浩次」さん。本当に素敵です
きっと加藤浩次さんの「魂の言葉」 「叫び」は、山本圭一さんに届いています。
きっと、山本圭一さんに響いていますよ。響かないとウソでしょう。!!



お寺とは?厳しい環境?山本圭一は修行中?

「そのお寺は非常に深い山奥にあって、周りに何もないお寺です。閉鎖されています。 ちょっと街に出るのにも大変な状況ですね。冬はマイナス10度・すっげぇ山奥」 と、田村淳は言っていたそうです。

早朝・五時起きで六時から一時間ぐらいお経を唱えて、そこから夜の十時まで働き通し 「芸能界に復帰したいという思いと、一年間このお寺で頑張るという気持ちが山本さんの 気持ちで固まってる。今回は本気だ。」 と、田村淳さんは思ったそうです。

このお寺の修行は大変厳しいことで有名で、睡眠時間が二時間になるときもあるとか。

修行に入った人は、長くて一ヶ月・短くて3日でやめてしまうそうです。

女子高生との淫行事件で逮捕された山本圭一さんもとうとう本気になったみたいですね。
「自己改革」でしょうか。「自己啓発」でしょうか。
確か、肉巻きおにぎりのお店に勤めてましたよね。



お寺から逃亡?山本圭一さん

お寺に女性連れ込み?地元民は大迷惑

七年前の事件ですね。
十七才の少女の被害届けにより発覚。

極楽山本圭一さんは性根を入れ替えることができたのでしょうか。

結果はだめでした。今回も山本さんだめでした。

「山本さんが山奥の寺で修行をはじめたのが昨年の8月。 ロンブー淳に気合充分な自分をアピールして、丸刈りにした山本圭一さんだったのですが 評判通りの苛酷さに耐え切れずに、三ヶ月でとんずらした模様です。

「お山」は女人禁制・聖地を汚した?山本圭一さん

修行に集中してたようでもなく、クルマで出たり入ったり。
クルマに女性が同乗してたそうです。
「女人禁制」の修行の聖地であるまじき行為に、地元民が激怒。
週刊誌にすっぱぬかれたということですね。
山本圭一さんは現在、看護師さんと真面目に交際中というのに、おんな遊びで聖地である 「お山」を汚したと山本圭一さんの後輩も呆れているそうです。

この山本圭一さんの「まさかの裏切り?」に対するネットの反応は

  • 46歳にもなって女遊びか
  • もう芸能人じゃないしいちいち記事にすんなや
  • どこのお寺なのか、場所が気になるわ
  • 女人禁制のお寺に女を連れ込んだらそりゃ怒られるわな
  • 山本圭一とか今さら復帰しても需要なくね?
  • 性格クズはクズのままやな。一生直らんわ
  • この勢いだとまたやらかして逮捕されそうだな

芸能界に今更、復帰してほしくない・どうでもいいといった意見が多かったですね。 嫌われるか・好かれるかとりあえず話題にならないと芸能人ではなく一般人ですよね。

山本圭一と騒音おばさん

騒音おばさんの真実とは?◯◯学会との関係

一時期話題になっていた「騒音おばさん」をパロディにしてる山本圭一さんです。
山本圭一さんがパロディ化して話題なった「騒音おばさん」は本当にTVに造られた 「騒音おばさん」だったのでしょうか。

事件の概要・TVで報道されなかったウラ側とは?

実は事件の被害者夫婦は◯◯学会員で、容疑者・K(以下:おばさん)が◯◯学会の入信を断った為、被害者夫婦が報復としておばさんに対して嫌がらせを行っていたとする説で、◯◯学会とマスコミがこの真実を隠蔽し、おばさんを落とし込んだとする物である。 この説によると被害者夫婦はおばさんに対し、次のような嫌がらせを行っていたとされる。尚、出典がテレビなどで確認できたものは太字で記した。

  • おばさんの家に向けて強烈なライトを設置
  • 自治会の班長におばさんの娘を「きちがい」と言った
  • 『盗み聞き』した事を、『近所に言い触らす』
  • 『自作自演』による濡れ衣を着せ、『塀の落書き』で民事裁判を起こし勝訴
  • 24時間監視カメラでおばさんの様子を撮影
  • 近所30人を連れておばさん宅へ抗議  
  • 裁判で、判事から「塀の落書き」の一件を追及された途端、「頭が痛い」と突然倒れこみ、閉廷させた。

一方で、おばさんは 夫側の家系が原因で、おばさんを除く家族全員が難病を発症し、介護に追われていた。 (TBS「みのもんたの朝ズバッ!」より)
被害者夫婦が引っ越してきた頃は、お茶を一緒に飲むなど至って普通の隣人だった。(日本テレビ「ザ!情報ツウ」より)
亡くなった娘を「◯◯◯◯」と被害者夫婦に言いふらされた。自宅の鍵穴を塞がれた。(法廷で証言)
「被害者夫婦」以外の近所の住民には笑顔で挨拶したり、「申し訳ない」と、温和な対応をしていた。(日本テレビ「ザ・ワイド」より)
であったという。

引用 – 騒音おばさんの真実 記事元 http://goo.gl/qor9Rp

真相はよくわからない・・みたいですね。
TVでは決して語られることのない内容が、この引用にあります。
あまり詳細を書くと、いろいろ良くないことが起こるので書けないのですが
TVを鵜呑みにするのもどうかと思います。

Return Top