明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

茅ヶ崎市 木村竹彦副市長がハワイで事故死 公務中にサーフィンでの事故死を隠蔽

Sponsored link
Takehiko-Kimura.jpg

出典: 茅ヶ崎市木村竹彦副市長の原因 サーフィンでの事故死ハワイの記事全文

神奈川県茅ヶ崎市の木村竹彦副市長が出張先のハワイ・ホノルルで死亡するという
事故が起きました。

姉妹都市協定締結の締結式のため

茅ヶ崎市の発表によると、木村竹彦副市長は”姉妹都市協定締結”の締結式に
参加するためにハワイを訪れていたみたいですね。

務でハワイに来ていた。決して遊びに来ていたわけではありません。

木村竹彦副市長は21日に茅ヶ崎市を出発
現地入りした後に、現地時間の10月24日に姉妹都市協定締結を完了。

そして、翌日の25日の朝、現地の海岸で死亡しました。
25日夕方の航空便で帰国する予定だったそうです。

死亡原因については公表されなかった

茅ヶ崎市は「公務中の事故」と発表。

死亡原因を公表できない理由については、
「遺族からの強い希望で公表できない」としていました。

公務中の事故ということですが、海岸で何の公務を行っていたのか
これは疑問が残らざるを得ません。

Sponsored link

公務中の事故は嘘

服部信明市長の画像

出典: 茅ヶ崎市の木村竹彦副市長がハワイ ホノルルで事故死-海岸で公務中 | ニュース速報Japan

29日、服部信明市長は、これまでは「公務中の事故」で死亡したとされていた
木村竹彦副市長の死因について、とうとう本当のことを言いました。

「サーフィン中に死亡した」とはっきり明言。謝罪しました。

どうして、”公務中の事故”などと嘘をつく必要があったのか。
そして、偽装するのならとことんやり抜かないと。何故こんな中途半端。

など、疑問が多く残ります。まだまだ追求する部分がありそうです。

恐ろしい波乗り中の死亡事故

これがビッグウェーブですね。
こういう波って日本では体験できないんですよね。

体験できる時といえば、ただひとつ。台風。タイフーンです。
台風が来てワクワクする人達なんてサーファー以外いません。

サーファーは台風が来たら、うねりがどこに到達するか見極めて
わざわざガソリン代を使って一泊して、台風の荒波に突撃

そんでたまに死んでしまいます。
あれでしょうか。割りとボクサーみたいにリング上でなら死んでいい
雰囲気なのでしょうか。

一度、知り合いに連れられて台風に突っ込みにいったことがあります。
わざわざどうして、あんな荒波に飲み込まれにいくのだろう。って
そのとき感じました。

木村竹彦副市長サーフィンで事故死にTwitterの反応は

https://twitter.com/Kezia09990088/status/527673510596866049 https://twitter.com/kirika519/status/527655368394948608 https://twitter.com/NeoMoonlight/status/527573721154727937 https://twitter.com/Kezia09990088/status/527506402718142464 https://twitter.com/Soybeans_super/status/527424506508218368

公務中にサーフィンなんて確かに税金どろぼうといえばそうなんですが
波乗りやってみたらものすごいたのしかったので、なんか憎めないんですよね。

波乗りする者にとって、ハワイの波ってある種のあこがれなんですよね。
気持ちわからんでもないのですが、日本人なんですからやっぱりちゃんとしましょう。

コメントを残す

Return Top