明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

アメリカで”野生のクマと自撮り”がブーム 自撮りインスタグラムが流行にアメリカ森林局が警告「アホすぎる」

Sponsored link

出典: picasa5 – Osaka King – Picasa Web Albums

アメリカでクマと自撮りしてインスタグラムにアップロード
アップロードでドヤ顔が流行しているそうです。

アメリカ カリフォルニア州テイラークリークで野生の熊と一緒に
写真や動画を自画撮り。
そしてインスタグラムにアップロードして( ・´ー・`)どや

Sponsored link

アメリカ森林局が警告

出典: picasa5 – Osaka King – Picasa Web Albums

森林管理官のナンシーギブソン氏は「熊は予想がつかない野生生物で
怖がらせたりしたら普通に襲ってきますよ。」と警告。

自分の管理する森林において、自分自身や他人を危険にさらす危険行為は
とうてい容認できない。立ち去りたまへ。と危険性を強調

更に、「熊に近づき過ぎたら、普通に死亡します。」と警告した。

人間の勝手な自己満足の煽りで「野生の熊」が殺処分

たとえ、自分はどうなってもいいという人は少しは熊の立場で
考えてくれと

もし、その熊が人を襲えばその熊は捕獲され殺処分の運命であると。
人間の”レジャー?”に突き合わされて殺処分になるのは熊の立場からしたら
マジありえないですね。熊は防衛のために人を襲うのですから。

もしこのまま警告が無視され続けた場合は
カリフォルニア州テイラークリークへの一般人の立ち入りを禁止すると
アメリカ森林局は警告

インスタグラムにアップロードするために熊が殺処分になるのは
やっぱり普通に考えたらちょっとおかしいですね。

日本で熊が人を襲った事件

結論から言いますね。上記の熊と自画撮りするひとたちはあたまがおかしいかもしれません。
熊は普通に人を襲います。襲われたくなければ近づかないことですね。

三毛別羆事件

お腹をすかせた3mの巨大なヒグマが村民を次々と襲いました。
問題のヒグマは射殺されましたが、人は熊の前では無力です。

福岡大 ワンゲル部ヒグマ襲撃

1,970年 日高山脈に山登りに来ていた大学生達が次々とヒグマに襲われた事件です。
三人が命を落としました。

テントで疲れて眠っているパーティは、ヒグマに発見されてしまいます。
まず、食料を食べられてしまい、パーティはラジオの音量を上げて
食器をカンカン鳴らして威嚇。そのときは追い払えたのですが・・・

パーティが疲れて眠っているところにヒグマが襲来
ヒグマは知能が高いのか、何度も襲来してきてパーティを疲弊させ
ついに・・・・・

遭難の報告を受けて救助隊がメンバーを発見したのですが
三人共変わり果てた姿だったそうです。

メンバーのひとりがヒグマの襲来に震えながら書いたメモ

オレもやられると思って、ハイ松を横にまく。
するとガケの上であったので、ガケの中間点で息をひそめていると、竹末さんが声をからして鳥取大WVに助けを求めた。
オレの位置からは下の様子は、全然わからなかった。
クマの音が聞こえただけである。竹末さんがなにか大声で言ってた、全然聞きとれず、クマの位置がわからず

福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件

事件の詳細を読むと割りとえぐかったです。
詳細まじぱねぇので、ぱないの好きな人はリンク飛んで読んでみてください。

”熊と自画撮り”へのアメリカのネットの反応は

  • あほすぎる
  • 熊を応援する。こんなことで熊が殺されてはならない。
  • 人はなぜこうも愚かなのか。

非難轟々のようです。

”熊と自画撮り”への日本のTwitterの反応は

https://twitter.com/j_futura/status/527973598330232832 https://twitter.com/thefrog1192/status/528013200231374848

マジぱねぇっす。熊と自撮り
勝手に画像撮りにいって勝手に熊に襲われて救助隊やたくさんの人を巻き込んで
あーたらこーたらと言うことです。普通に考えたらあほすぎるのでやめましょう。

コメントを残す

Return Top