明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

雨宮塔子 イケメンパティシエ青木定治氏と離婚協議中 パリの真実とは?

Sponsored link

出典: 朝美人スペシャルゲスト – フリーアナウンサー・エッセイスト 雨宮塔子さんの朝習慣 – 朝時間.jp

雨宮塔子さんがイケメンパティシエ 青木定治氏と離婚協議中。

既に別居中ということが判明しました。

二人はフランスのパリで暮らしているが昨年夏から別居
仲睦まじく見えたおしどり夫婦の関係は12年で終わりということになります。

Sponsored link

パリでの生活を綴った著書を9冊執筆

パリ、この愛しい人たち
パリ、この愛しい人たち

今まで雨宮塔子さんはエッセイストとして活躍。
9冊ものエッセイを執筆。

その文章 文体は堅くて硬質なのにしなやかさも含有し
女性的な文章であるのに、どこか男性的でもあると。
ファンに非常に評判が良く好評でした。

しかしながら・・・・離婚してしまってはエッセイストとしての
ネタがなくなるのではないでしょうか。

大丈夫でしょうか。

あと一冊、この離婚ネタでエッセイを執筆してしまえばもう ネタはありません。
パリでの生活は大丈夫なのでしょうか。

雨宮塔子と青木定治氏の馴れ初め

女性誌「Oggi」に当時連載していたパリの生活を綴るコラムの取材で
お菓子の取材のため、偶然紹介されたのが青木定治氏だったそうです。

一般人はフランスに留学してもエッセイも書かないし本も出さないのですが
雨宮さんは美人アナウンサーでフランスでも仕事があって良かったですね。

夫の青木定治氏はパリで修行後、帰国して日本で店を構えるパティシエが多い中
最初から日本には戻らずパリで店を構える覚悟を持った
本格派パティシエで、現在もパリ在住。

現在も、パリでお店を営業しているそうです。

雨宮塔子の子供

2003年に長女、2005年には長男を出産
一男一女の母となり、家族全員パリ在住ということです。

2014ですから、長女は11歳・長女は9歳ということになりますね。

憧れのパリってどんな街?

出典: [iPad, iPhone] Style And the City: パリとニューヨークのおしゃれでかっこいい女性達の写真集。無料。 – たのしいiPhone! AppBank

雨宮塔子さんのオサレでかっこいいエッセイに彩られたフランス パリ
一体どんな街なんでしょうか

  • きっとかっこいいんでしょうね
  • きっと画像のようなモデル系の人ばかりでキレイな町並みなんでしょうね
  • きっと雨宮塔子さんのような優しい人ばかりで差別なんか絶対にないんしょうね。

フランス旅行前に経験者から必ず言われる事

  • パリは◯◯◯だらけ。
  • パリの道は犬のうん◯でいっぱいだ
  • 道端でお母さんがこどもにうん◯させてる場面によく出会う

事実なら、ろくなもんじゃないですよね
陰謀でしょうか。パリの人気に嫉妬するジェラシー達の陰謀でしょうか。
怖い陰謀ばかりですね。

まさか・・・あの雨宮塔子さんがいっつも褒めちぎるパリに限って
そんなことはない・・・と思いたいのですが

おふらんすパリ発 ハイヒールの起源

出典: Parisのハイヒールをエレガントに歩くためのサロン 「ASAMI -PARIS」 High-Heels&Elegance

かっこいいですよね。
ハイヒールで颯爽とパリを歩く女性達

そのハイヒールなんですが、よく考えたら
不自然だと思いませんか?

どうしてあんなにカカトを上げてあるかないといけないのか。

カカトを上げる必要があったのか?
なぜカカトをそんなに上げる必要があるのか。

理由があるんです。
パリではカカトを上げて歩く必要があったのです。

パリでハイヒールが必要な理由

「ヨーロッパ中世の時代は、二階や一階から、 ぽんぽんバケツでした糞尿を窓から捨てていた。
街全体がうん◯だらけでそれが当時は当たり前だった。
女性達は服の裾が汚れるので歩くのを嫌がり、そこでハイヒールが考え出された。それがハイヒールの始まり。」


via:ハイヒールの歴史について。注意、汚い話があります。学生時代に世界史… – Yahoo!知恵袋

どうやらこれが真実なのですね。
これが憧れのパリの真実みたいですね。

今は、パリは比較的キレイだそうですが、基本的にパリのひとたちって
下関係はおざなりだそうです。

イギリスはメシがまずいし、フランスは不衛生だし
アメリカは犯罪がひどいし、オランダは麻薬汚染がひどいし
社会科で学習する白人国家と実際って結構ギャップひどいですね。

コメントを残す

Return Top