明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

号泣議員野々村県議が辞職願を提出 号泣で城崎温泉宣伝効果?

Sponsored link

兵庫県議会の野々村竜太郎県議(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡市などに日帰りで計195回訪問し、政務活動費(政活費)として約300万円を支出していた問題で、野々村氏が11日、梶谷忠修議長に宛てた議員辞職願を提出した。
同日中に許可される見通し。議会は過去3年度分の野々村氏の政活費について調査を進めており、同日午後の各会派代表者会議で報告し、真相解明に向けて刑事告発も検討する。


via:野々村県議が辞職願 県会は刑事告発検討 政務活動費問題 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース


号泣議員として日本中で知らない人はいない有名人となった野々村議員が
遂に辞職願を提出しました。

Sponsored link

関係者によると、野々村議員はインターネットで1日の号泣会見が公開されたことに
ショックを受けており、会見以降は取材に応じていません。

が、「タイミングを見て、辞職する」「金利も含めて政務活動費を全額返却する
と周囲の者に漏らしていたそうです

野々村議員は「日本を変えるために」城崎温泉に日帰りで106回出張し、
「日本を変えるために」会見で、日本国民に自分の潔白を訴えたはずですよね
そんで、日本国民にわかってもらえずに号泣に至ったと。
大丈夫です。きっと野々村議員の潔白は証明されるはずですよ。
野々村議員は悪い事してないんですから。って思ってましたが・・・・・

どうして全額返却するのでしょうか?野々村議員はまさか日本国民の税金を使い込んで
城崎温泉に106回も日帰りで出張にいっていたのでしょうか。

野々村号泣議員は政務活動費と称しての「使い込み」を認めたのでしょうか?
使い込みを認めるのなら記者会見でしょうか。逮捕でしょうか
現場検証でしょうか。いつでしょうか。いつになるのでしょうか。

どうしてこんな議員が年収一千万円を超える議員職に就けるのでしょうか・・・

これまでの議会の調査に対し、野々村氏は「間違って報告書に記載したかもしれない」と一部で誤りを認める説明をする一方で、大半について「記憶にない」などと繰り返しているという。このため議会の調査には限界があるとして、刑事告発して真相解明を進める方針という。


via:野々村県議が辞職願 県会は刑事告発検討 政務活動費問題 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース

城崎温泉に106回日帰りでいったことは「記憶に無い」ということで
よろしいのでしょうか。逮捕はいつでしょうか。

同問題では、野々村氏が政活費の収支報告書に豊岡市や兵庫県佐用町など4カ所に日帰り出張を繰り返したと記載していたことが判明。初当選した11年度から同様の支出を繰り返していた。報告書には領収書を添付せず、活動内容も記されていなかったが、野々村氏は「精力的 な議員活動の一環」などと正当性を主張していた。


via:野々村県議が辞職願 県会は刑事告発検討 政務活動費問題 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース


領収書をどこに隠してるのでしょうか。処分してしまったのでしょうか。
シュレッダー済みでしょうか。仮に領収書が発見されてしまっても
「秘書がやったことです。記憶にございません」でしょうか。

”野々村効果”で大繁盛?「城崎温泉」

野々村議員の号泣会見からお問い合わせ殺到

野々村議員のおかげで潤ってるのが城崎温泉ですね。
号泣会見の後、城崎温泉観光協会のホームページへのアクセス数が急増

観光協会は「思わぬ宣伝効果」と喜んでいるようです

号泣会見の後、アクセス数は4倍へ急増
「野々村議員の城崎温泉の日帰りスケジュールを試してみたいお客様」などが
急増しており、嬉しい悲鳴だとか。

思わぬとばっちり?

意外な「城崎温泉」の潤いぶりに驚いてる人たちも多く
「あまりにもメディア露出が多すぎる」といった抗議電話が相次いでいるそうです。

TV広告を打つのって莫大な出費ですからね。
無料で集客してくれて莫大な結果を出してくれた野々村議員には
城崎温泉関係者は感謝こそすれ恨む理由は無いでしょうね。

「意外な恩人」といっていいかもしれません。

そういう野々村効果を理解してこその、この抗議電話の嵐ですね。
連日TVへのメディア露出・城崎温泉駅や玄関がメディアに映るため
そのメディア効果たるや相当のものがあったはずです。

城崎温泉は、あと十年は「あの野々村議員が106回日帰りした城崎温泉」で
食べていけるはずです。良かったですね。

寂れた温泉街や廃れ行く商店街を復興させるには このような「炎上議員」を利用するか。または”創りだす”のもいいかもしれませんね。

Return Top