明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

並木さんの「無価値感・罪悪感を手放すワーク」第一印象は「女々しそう」でした。

Sponsored link
並木さんの「無価値感・罪悪感を手放すワーク」第一印象は「女々しそう」でした。

2016年あたりだったでしょうか、セドナメソッドという感情の開放メソッドを実践していました。

感情の開放とは最近よく言われる「統合」と同じ性質のものであり、感情が開放されると気持ちが軽やかになったりします。

セドナメソッドでは足らなくなり、EFTというメソッドにも手を出したりしました。

他にもヒーリングを受けてみたり、いろいろ試行錯誤していました。YouTubeでセドナメソッド動画やEFT関連の動画を探してみたり。

2016年頃から並木良和さんをYouTubeのサムネイルではよく見かけてました。

並木良和さんの第一印象は「女々しそう」だったので、なーんか絶対にこの人の動画なんか見たくないなって最初は思ったし、著書なんか絶対に読まないだろう。このひとガチスピ系だわやべーやべーって思ってたのでずっと並木さんを敬遠してたのですね。

いまになると、どうしてもっとはやく並木さん動画見なかったのだろうって今では感じてます。

2019年5月現在、感情の開放(統合)関連のメソッドにおいて日本で一番優れているのは並木さんの統合ワークだと思います。

体感がすごいです。こんな鈍い自分でも体感してしまう!!ってびっくりしています。

2020年の春分の日あたりまではおそらくそうなのだろう。過ぎたらどうなるのでしょう。

並木さんのワークショップ。統合ワークには参加したことはないのですが、著書を読んで関連サイトで統合ワークの方法を調べて動画に真剣に取り組むと・・・体感はありました。

胸がじわぁっとあつくなったり、いろいろ体感あります。

感情の開放がすすむと現実世界が生きやすくなる傾向にあるのですが、まだそこまでは至ってはいません。

並木さんははっきりと「おかね」の状況の改善についても言っています。統合ワークにて改善されると。

おかねの問題には「無価値感・罪悪感を手放すワーク」

普段の生活で感じる不快感を統合ワークで統合しつつ、「無価値感・罪悪感を手放すワーク」を実践していくといいそうです。

個人的には「無価値感・罪悪感を手放すワーク」を実践すると、体感がすごいです。天使とかそういう存在ってもしかしたら・・・いてはる?っておもったり。とりあえず、やってみないとわからない感覚ですね。そして、感情の開放とかって人生的にある程度追い込まれている状況じゃないとやる気にならなかったりします。

感情の開放のすすんだひとがよく言うんですが「あのときの金銭的に辛い状況のおかげでセドナメソッドやEFTを知れて人生が楽になった気がします」というような感じになるっぽいです。

「無価値感・罪悪感を手放すワーク」を実践していこうと思います。

並木良和さんの動画 第一印象は「女々しそう」

第一印象は女々しそう。今となってはどうしてもっと早く見る気にならなかったのだろうとさえ思います。

男性性と女性性が上手に折り合った結果だそうです。

ABOUT THE AUTHOR

前崎
前崎です
できるだけわかりやすい文章でお伝えしたいと。そのように感じています

芸能界の裏側は日本の裏側に直結します
そんな芸能界の裏側と日本の裏側の接点を知りたくてこのブログを始めました

管理人のプロフィールっていうか日本の裏側のガチのやつを書いてみました
→→詳しいプロフィールや当ブログを始めた理由←←


昨日を忘れて明日へ向かって今を生きる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top