明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

安藤美姫がハビエル・フェルナンデスと熱愛 父親は誰? インスタグラムで発覚

Sponsored link

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

フィギュアスケート元世界王者の安藤美姫(26)

が自分のTwitterを更新 スペインのフィギュアスケート選手の

ハビエル・フェルナンデス(23)と交際していることを報告

もうえらいことになっています。子供どうするんすかね。

Sponsored link

インスタグラムで熱愛報告

サッカー選手や芸能人がよく使う写真共有アプリ 「Instagram」で

フェルナンデスの胸に笑顔で寄り添う安藤美姫は英語と日本語でメッセージ

「今日は私達にとって大切な日です。」

「私達はお互いに愛と家族を築き上げていきたい」と結婚も視野に入れてることを宣言。

交際はまだスタートしたばかりですね。

ハーグ条約とかいろいろややこしい事にならなければいいのですが。

最近、白人男性のアジア女性っていうか日本女性に対する横暴や

見下した感が目に余ります。

勝手に白人男性に憧れるのは結構ですが、勝手に憧れて利用されて捨てられて

子供の問題だけ残ってしまうという日本女性にも問題がありますね。

「ピカチュウって絶叫すれば東京の女は余裕」って問題のナンパ講師も

はっきり言っています。ピカチュウって絶叫すればよゆうだったから

白人ナンパ講師からしたら東京は余裕だったのでしょう。

痛い目に会って勉強になればいいと周囲は思うかもですが

板ばさみになる子供は可哀想ですね。気の毒ですがこれも運命でしょう。

写真週刊誌で報道されたばかり

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

安藤美姫とフェルナンデスは10月に写真週刊誌に密会が報道されたばかりです。

当時の安藤美姫の事務所は「恋愛関係」を否定していました。

元カノとの画像を消さないハビエル・フェルナンデスとは

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

これとかね、ハビエル・フェルナンデスってモテモテなんですよね。

スペインのフィギュアの至宝ですから当然ですけどね。

こーゆーのを世界に公表してるハビエル・フェルナンデスに

安藤美姫は「わたし!大事にされちゃってるわ!」とか感じてるのでしょうか。

痛い目に会って勉強になればいいって周囲は思ってるのかもですが

本当に生まれてくる子供は気の毒ですね。

ハビエル・フェルナンデスのおんなたち

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

結婚を前提にとか言うのならこういうのは削除しないとねぇ。

安藤美姫、完全になめられてますね。

安藤美姫はハビエル・フェルナンデスの言葉を本気に取っちゃったっぽいですね。

安藤美姫の子供の父親は?

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

安藤美姫の子供の父親は、真壁喜久夫さんだと言われていますが

事実でしょうか。

真壁喜久夫さんは年齢50代の既婚 安藤美姫とは長い間不倫の関係にあったと。

イベント企業CIC社長のお金持ちです

安藤美姫のパトロン的な存在だったのでしょうか。

芸能界入りを視野に入れてるのならこういうパトロンは必要になってきます。

安藤美姫と真壁氏の2ショット

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

写真週刊誌の取材 「安藤美姫を経済的に長年支援してきた既婚男性」

安藤美姫を長年 長い間にわたって経済的に支援すると。

当然、安藤美姫に見返りを求めるのが普通ですね。

どんな見返りだったのでしょうか。

安藤美姫とハビエル・フェルナンデスの熱愛にTwitterの反応は


https://twitter.com/tomomarurin/status/537420037473050624

子供は大丈夫か?とか隠し子問題はどうなった?とか

やっぱりTwitterでも子供へのツイートが多かったですね。

未婚の母のまま、ハビエル・フェルナンデスと・・・ですね。

まぁ、子供はDQNコース待ったなし。仕方ないですね。他人ですし。

ABOUT THE AUTHOR

前崎
前崎です
できるだけわかりやすい文章でお伝えしたいと。そのように感じています

芸能界の裏側は日本の裏側に直結します
そんな芸能界の裏側と日本の裏側の接点を知りたくてこのブログを始めました

管理人のプロフィールっていうか日本の裏側のガチのやつを書いてみました
→→詳しいプロフィールや当ブログを始めた理由←←


昨日を忘れて明日へ向かって今を生きる。

コメントを残す

Return Top