明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

武田久美子 ハーグ条約により子供との帰国に旦那のサインが必要 水着復帰は?

Sponsored link

出典: picasa6 – Osaka King – Picasa Web Albums

離婚調停中の武田久美子さんですが、ハーグ条約に苦しめられています。
武田久美子はTV番組「ノンストップ!」に生出演

日本が加盟したばかりの「ハーグ条約」の制約を受けて
旦那のサインなしでは子供を日本に連れて帰れないことを嘆いた。

Sponsored link

ハーグ条約締結

武田久美子夫妻の離婚成立には、今後二人の財産割り当ての作業が残っています。
基本夫婦で50:50のようですが、専門家の判断が必要だということです。

年内にもう一度話し合い、来年一月には決着が着く感じのようですね。

日本に子供を連れて帰るには旦那のサインが必要になった

今春、日本がハーグ条約を締結したことにより、仮に離婚が成立しても
武田久美子はハーグ条約の制約を受けてしまうことになります。

私は外国人なので、旦那のサインが無い限りは、勝手に
子供を日本へ連れて帰ることができなくなりました。」

日本人は外国人扱いなので、旦那のサインが必要ということですね。
めんどいですね。ハーグ条約。

離婚後もアメリカ人で暮らす武田久美子

離婚後も、アメリカで暮らすそうです。
長女ソフィアちゃんはすでに日常生活で英語を話すようになり
日本語も話せるものの、たどたどしい感じ

実際に、日本に連れ帰ろうとしても元旦那のコントロールからは
逃れられないそうです。

ハーグ条約って割りとめんどい条約のようですね。
一体どうしてハーグ条約は締結されたのでしょうか。人権を守ろう的なニュアンスの条約でしょうか。

ハーグ条約とは

親権を侵害する国境を超えた子供の強制的な連れ去りや引き止めなどがあったとき
迅速かつ正確にこどもを元の国に返還する国際協力の仕組みを定めた多国間条約。

この背景には、日本人の国際結婚が増加し、結婚破綻後に日本人女性が
子供を連れ帰った際の扱いが各国から問題とされ日本は、条約締結を迫らていました。

調査したところ

日本人女性は日本人の男性相手だと非常にガードが硬いのだが
何故か。白人男性相手だとユルユルのノーガード戦法に
その結果が、ハーグ条約締結のようなあたまおかしいことになったみたいですね。

そういえば、「東京の女はピカチュウと叫んで股間にあたまをもっていけば
チョロいってセミナーやってた例のナンパ講師」もそんな感じのことを
言ってましたね。

白人男性に勝手に憧れるのはいいですけど、明らかに付け込まれていますね。
白人の男からしたら日本の女は全員チョロいって言われていますね。

人権とかいろいろ戦後教育の結果がコレですね。素敵な戦後教育でございます。

からゆきさんとか明治の女性の悲惨な歴史はまた次の機会に
違うサイトで書いていきます。

ハーグ条約締結にTwitterの反応は

ハーグ条約とは、日本の悪い習慣を押し付けないと。
日本では子供は母親が育てるものだと決めつけてる風習があると。
だからハーグ条約でもう違反したら罰してしまうと。

いろいろ、表面的な当たり障りの無いもっともらしい
建前上のお言葉がハーグ条約にあふれているみたいですが
正味のところ、本音のところはどうなんでしょうね。
もう少し様子を見たいところですね。

子供が母親か父親かどっちに付きたいのかは
優先されないのですねぇ。

親権はどっちが取ってるのかな?
欧米では離婚後は親権は両方にあるというのが当然みたいですね。
親権どっちにあるか白黒つけたらいいのに。と日本人の管理人は思いますが。

コメントを残す

Return Top