明日へ向かって

芸能界と日本の裏側を30代会社員が徹底的に検証していきます

パソナ島?南部会長・栩内容疑者は?パソナ迎賓館「春風林」の謎

Sponsored link

「パソナ島」 淡路島

ASKA事件をきっかけに、政官との癒着・非常な癒着が発覚したパソナ。

パソナ迎賓館「仁風林」には、安倍晋三首相・前原誠司元大臣・現役閣僚達が足を運んでいました。

パソナはどうやら淡路島にも。

兵庫県淡路島は、県や市がパソナに土地の一部を無償譲渡。 巨額の補助金をつけたり、島中パソナの関連施設でいっぱいだそうです。

20140611123305644.png

ここにも、◯◯学会の信者と噂される、南部会長が。
南部会長の秘書に栩内容疑者や
ミス・インターナショナル12年グランプリの吉松育美達が。

Sponsored link

パソナグループと淡路島

パソナグループはここ数年、グループ企業を通じて「農業実習」「新規事業立ち上げ」などの業務名目で、数百人の契約社員を淡路島で雇用しているみたいです。

WS000006.JPG

パソナグループの文字が確認できますね。

明石港から高速フェリーで淡路島の玄関口「岩屋港」に降り立つと、 すぐ目の前に、パソナの契約社員向け宿泊施設・「絵島館」があります。

482727360e31d8b9f73fc49fbc3a396020140616133156050.jpg

絵島館です。パソナグループの看板はありません。
看板が無いということは、パソナを名乗りにくい何か理由でもあるのでしょうか。

近所のお年寄りは、
「パソナで働く人はこっちに来たかと思ったら、すぐにいなくなる。」
「住民票も島に移さんし、町内会にも入ってくれんから、誰が誰だか分からない。」
と心配みたいですね。

淡路市役所に向かって車を十分程走らせると、国道28号沿いに古民家風の建物があります。

この建物は、一年半前にパソナ迎賓館「春風林」になりました。

WS000007.JPG

「春風林」はパソナ所有の、クルーズ船に乗ってやってきた政治家や官僚を接待する施設で、 元参院議長の江田五月や落語家の桂文枝も「おもてなし」を受けた経験があるみたいです。

江田五月さんや安倍晋三首相・政治家達にパソナ迎賓館「春風林」はよく利用されていたのでしょうか。


パソナ迎賓館「春風林」

パソナ迎賓館「春風林」はどんなところですか?と、近所のお年寄りにお聞きしたところ、 「前三洋電機創始者が住んでいた頃は、由緒正しい旧家で威厳があってよかった。

だけど、パソナが来てから建物がいろいろ改造されて、週末になると黒い高級車が3台ほど横付けされて 若い男女が30人ぐらい乗ったマイクロワゴンが横付けされるんだけど、中でなにをしてるのやら・・」

週末になると黒い高級車・若い男女が乗ったマイクロワゴンが横付けされるというパソナ迎賓館「春風林」
いったい、「春風林」の中ではなにがおこなわれていたのでしょうか。

栩内容疑者・ASKA容疑者は東京都内のパソナ迎賓館「仁風林」で知り合いました。

第二・第三の栩内容疑者・ASKA容疑者はパソナ迎賓館「春風林」にいるのでしょうか。

ASKA事件以降は、パソナ迎賓館「春風林」に横付けされる車は「何故か」無くなったと聞きます。
パソナ迎賓館「春風林」のチャイムを鳴らしても、今は不在で誰もいないそうです

4133
Return Top